光勝院寺内遺跡 [鳴門市/光勝院寺内遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

こうしょういんじないいせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県鳴門市大麻町萩原

+ このマップの Wiki 記法

光勝院寺内遺跡

光勝院寺内遺跡:弥生時代の集落遺跡

Page Top

キーワード anchor.png

弥生時代の集落遺跡

Page Top

概要 anchor.png

道路建設工事の際に見つかった遺跡で、1981年(昭和56年)発掘調査が行われた。東西100m以上の広がりをもった集落遺跡で、弥生時代中期後半の竪穴住居跡が確認された。住居内で見つかった特殊な形状を示す炉跡は、鉄器や砥石もセットで出土していることから鍛冶遺構と考えられる。また、炉跡内からはガラス小玉も発見されている。

 鉄器およびガラス製作は、当時の先端的な技術を駆使して各種の道具類や装飾品を生産していたと考えられる。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/j00106j4a4195dd8d9b5.jpg

光勝院寺内遺跡で確認された竪穴住居跡

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島県教育委員会「光勝院寺内遺跡」1984年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 6728, today: 2, yesterday: 1
初版日時: 2006-03-03 (金) 19:18:00
最終更新: 2017-05-16 (火) 21:47:49 (JST) (213d) by webmaster