カニ塚古墳 [鳴門市/カニ塚古墳] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

かにつかこふん anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県鳴門市大津町字大代

+ このマップの Wiki 記法

カニ塚古墳

カニ塚古墳:周濠をもつ古墳時代中期の豪族の墓

Page Top

キーワード anchor.png

周濠をもつ古墳時代中期の豪族の墓

Page Top

概要 anchor.png

カニ塚古墳は、阿讃山脈の麓の平地に築かれた墳丘の大きさが径31mの円墳である。江戸時代の絵図には、東の尼塚古墳と並んで描かれている。

 2004年(平成14年)の徳島県埋蔵文化財センターの地下レーダー探査や発掘調査により、周濠がめぐっていることが確認された。徳島県内の古墳で周濠の確認例としては,渋野丸山古墳土成丸山古墳に次ぐ。周濠の中から出土した石材や埴輪により、古墳は葺石におおわれ、埴輪列がめぐっていたことが分かる。埴輪の種類には、円筒埴輪朝顔形埴輪の2種類がある。

 出土した埴輪の特徴などから、古墳時代中期後半につくられたと考えられる。

 カニ塚古墳は、前期の前方後円墳・大代古墳に続いてつくられたもので、豪族の系譜のつながりの分かるものとして重要な遺跡である。

 遺跡を見学するには,大津西小学校から北西へ歩いて約200m

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/v00079v4a9ce2565cc7a.jpg

カニ塚古墳で確認された周濠

http://awakouko.info/uploads/webphoto/larges/o00099o4d5fcff6ea617.jpg

カニ塚古墳の全景

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島県埋蔵文化財センター年報Vol.15 2004年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 7233, today: 2, yesterday: 1
初版日時: 2005-11-29 (火) 03:18:43
最終更新: 2017-05-16 (火) 22:01:16 (JST) (132d) by webmaster