[分銅形土製品] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

分銅形土製品 anchor.png

ふんどうがたどせいひん
 天秤(てんびん)に乗せて重さを量る分銅と形が似ていることから名称が付けられた土製品。形は、写真のように円の左右をえぐったようなものが代表的であるが、長方形や角の丸い四角いものもある。完形で出土することは少ないことから、お祭りの際に破壊したことが考えられるが、正確な用途はつかめていない。県内では西長峰遺跡大柿遺跡、西原遺跡においても確認されている。
http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/e00046e4a9ce7ff6b79f.jpg

西長峰遺跡出土の分銅形土製品


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 6124, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2006-06-25 (日) 16:59:06
最終更新: 2017-05-16 (火) 21:52:45 (JST) (40d) by webmaster