荒川遺跡 [美馬市/荒川遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

あらかわいせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県美馬市美馬町字荒川

Page Top

遺跡の概要 anchor.png

荒川遺跡は南に向かって緩やかに傾斜する、標高92〜100mの台地上に位置する。また、調査地のほぼ中央を嫁坂谷川と呼ばれる小河川が北から南側に向かって流れる。1995年(平成7年)〜1997年(平成9年)、高速道路建設に伴って発掘調査が行われた縄文時代から中世にかけての複合遺跡である。

Page Top

荒川遺跡(縄文時代) anchor.png

Page Top

キーワード anchor.png

多量の縄文土器の出土

Page Top

概要 anchor.png

発掘調査で確認できた縄文時代の遺構は少いが、嫁坂谷川に面した斜面から60,000点にも及ぶ縄文中期〜晩期の土器が出土した。

 この斜面に堆積した土は現地表面から最大約2mもの厚みになり、この場所に意図的に捨てられた可能性が考えられる。縄文時代後期前葉(縁帯文成立期)の土器の出土量が多い。

 近年、徳島県内で縄文時代の遺構・土器の検出数は増加しているが、これほど多くの量が出土した例は少ないため、県内における縄文土器を検討する上で貴重な資料である。

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島県埋蔵文化財調査報告書第61集「荒川遺跡」2005年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4728, today: 2, yesterday: 1
初版日時: 2006-03-01 (水) 04:37:38
最終更新: 2017-05-16 (火) 21:43:54 (JST) (156d) by webmaster