名東遺跡 [徳島市/名東遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

みょうどういせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県徳島市名東町

+ このマップの Wiki 記法

名東遺跡

名東遺跡:縄文時代晩期の土器が出土、水銀朱の精製と銅鐸が埋納された弥生時代の集落

Page Top

遺跡の概要 anchor.png

鮎喰川右岸の沖積地上、標高約10mの微高地上に立地しており、縄文時代〜中世にかけての複合遺跡である。

 1970年代以降宅地開発などに伴って、数十回にも及ぶ発掘調査が行われている。|

Page Top

名東遺跡(縄文時代) anchor.png

Page Top

キーワード anchor.png

縄文時代晩期の土器が出土

Page Top

概要 anchor.png

1987年(昭和62)年徳島市教育委員会によって、天理教国名大教会の建設地点の調査が行われている。調査区からは溝状の窪地が検出されており、縄文時代晩期終末の突帯文土器がまとまって出土している。その他に石鏃・石棒などの石器類も出土しており、徳島の縄文時代の終末期を考える上で重要な資料である。

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

徳島市教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島市教育委員会「名東遺跡発掘調査概要」1990年

Page Top

名東遺跡(弥生時代) anchor.png

Page Top

キーワード anchor.png

水銀朱の精製と銅鐸が埋納された弥生時代の集落

Page Top

概要 anchor.png

1987年(昭和62年)に徳島市教育委員会によって実施された天理教国名大教会地点では、扁平鈕六区袈裟襷文銅鐸が方形周溝墓群の一角に埋納されていた。銅鐸が埋納された時期は、周辺の遺構の年代などから弥生時代中期末(約2,000年前)頃と考えられる。また1992年(平成4年)に発掘調査が実施された国土交通省宿舎地点では、中期末頃の水銀朱の精製工房とみられる竪穴住居跡が発見されている。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/m00088m4a4312df5cc6f.jpg

水銀朱の精製工房であることが分かった竪穴住居跡の様子

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/m00089m4a431200d6d90.jpg

水銀朱を精製する石器(石杵)の出土の様子

Page Top

参考文献 anchor.png

名東遺跡発掘調査委員会『名東遺跡発掘調査概要 』1990年

徳島県埋蔵文化財センター調査報告書第14集「名東遺跡」1995年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 9867, today: 2, yesterday: 4
初版日時: 2005-10-25 (火) 02:45:13
最終更新: 2009-12-19 (土) 10:00:04 (JST) (3284d) by webmaster