樋口遺跡 [徳島市/樋口遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

ついぐちいせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県徳島市上八万町

+ このマップの Wiki 記法

樋口遺跡

樋口遺跡:弥生時代終末期の集落遺跡

Page Top

キーワード anchor.png

弥生時代終末期の集落遺跡

Page Top

概要 anchor.png

眉山の南西の麓、園瀬川の自然堤防上に営まれた集落遺跡。1983年(昭和58年)以降数次にわたる発掘調査により、弥生時代の終末期の竪穴住居跡や奈良時代の掘立柱建物跡などが見つかっている。竪穴住居跡からは土器や石器など多数の遺物が出土しており、中でも東阿波型土器が多く含まれる点は遺跡の大きな特徴である。

 そのほか注目すべきは、赤い顔料であるが付着した土器が多数出土していることである。これらの土器の分布範囲は広く、人々の交流が活発であった様子がわかる。樋口遺跡の集落内には、幅広い交易に関わった人々が暮らしていたのであろう。

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

徳島市考古資料館

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島市教育委員会「第8回埋蔵文化財資料展 阿波を掘る」1984年

徳島市教育委員会『徳島市埋蔵文化財発掘調査概要2』1992年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5007, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2006-03-02 (木) 04:10:44
最終更新: 2009-01-29 (木) 14:30:15 (JST) (3427d) by webmaster