庄遺跡 [徳島市/庄遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

しょういせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県徳島市庄町

+ このマップの Wiki 記法

庄遺跡

庄遺跡:徳島を代表する弥生時代の集落遺跡

Page Top

概要 anchor.png

国道192号線の南、県立中央病院や徳島大学医学部付属病院などが建ち並ぶ地域に存在する遺跡である。縄文時代後期から近世まで連綿と続く、県下を代表する集落遺跡である。遺跡規模は、東西1km、南北400mと推定される。

Page Top

庄遺跡(縄文時代) anchor.png

Page Top

庄遺跡(弥生時代) anchor.png

Page Top

キーワード anchor.png

徳島を代表する弥生時代の集落遺跡

Page Top

概要 anchor.png

多くの発掘調査が実施され、弥生時代の各時期の遺構が見つかっている。最も注目される遺構は、弥生時代前期に集落を巡っていた環濠である。環濠は集落と集落外と区画するために掘られたもので、防御や排水などの機能をもつ。

 また、豊富な遺物の中でも、木製品の出土が注目される。本来、木製品は土中で分解して無くなることが多い。しかし、環濠など水の豊富な土壌や遺構から幸運にも発見されている。弥生時代のものでは農工具や容器・お祭りのためのものが出土している。

 弥生時代の遺構・遺物は、環濠や木製品以外でも膨大な量であり、その内容も非常に豊富である。弥生時代においては、県下最大級の集落遺跡と言えよう。

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島県埋蔵文化財センター調査報告書第16集「庄遺跡1」1997年

徳島県埋蔵文化財センター調査報告書第21集「庄遺跡2」1998年

徳島県埋蔵文化財センター調査報告書第24集「庄遺跡3」1999年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5114, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2006-03-02 (木) 04:13:18
最終更新: 2016-04-14 (木) 07:08:38 (JST) (465d) by webmaster