土取遺跡 [東みよし町/土取遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

つちとりいせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県三好郡東みよし町昼間字土取

+ このマップの Wiki 記法

土取遺跡

土取遺跡:弥生時代の高地性集落

Page Top

キーワード anchor.png

弥生時代の高地性集落

Page Top

概要 anchor.png

 標高約150mの丘陵の末端部に立地する高地性集落。吉野川北岸の平野部とは50m余りの比高差がある。1972年(昭和47年)に行った発掘調査により、竪穴住居跡が1棟確認された。竪穴住居跡は平面形状が円形のものである。遺物には壺・・鉢などの土器類のほか石鏃や環状石斧などの石器・管玉・鉄器が出土している。

 土取遺跡大谷尻遺跡とともに、県西部における高地性集落として注目される遺跡である。県内ではほかにカネガ谷遺跡桧はちまき山遺跡がある。

Page Top

参考文献 anchor.png

土取遺跡調査報告』 徳島県教育委員会・三好町教育委員会 1973年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5584, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2006-03-01 (水) 04:47:19
最終更新: 2009-01-29 (木) 16:19:01 (JST) (3241d) by webmaster