足代東原遺跡 [東みよし町/足代東原遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

あしろひがしばらいせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県三好郡東みよし町字足代

+ このマップの Wiki 記法

足代東原遺跡

足代東原遺跡:弥生時代の積石墓群、県指定史跡

Page Top

キーワード anchor.png

弥生時代の積石墓群、県指定史跡

Page Top

概要 anchor.png

 積石墓群が主体となった遺跡。標高83m前後を測る吉野川北岸の河岸段丘上に立地する。この遺跡の積石墓群は、1基の前方後円形積石墓と36基以上の小型円形積石墓からなっている。遺跡から南西に約500m離れた位置に集落遺跡である西原遺跡が存在することや出土した副葬品などから、畑作を生業とした集団の墓地であったことが考えられている。

 前方後円形をした積石墓の周囲には円形の積石墓が分布し、墓域構造の上でも貴重な遺跡である。また、特徴的な出土遺物には猪形と猿形の土製品があり、葬送の際の儀礼を考える上でも重要である。

 なお、出土遺物の一部は徳島県立埋蔵文化財総合センターに展示・保管されている。

 現地は、足代小学校から南東へ約0.4km。前方後円形積石墓が復元・保存され見学することができる。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/l00047l4aa7062457e78.jpg

移築保存された前方後円形積石墓の様子

http://awakouko.info/uploads/img44f54e47de30a.jpg

動物形土製品 サル?(左)、イノシシ?(右)

Page Top

参考文献 anchor.png

『日本考古学年報』35 日本考古学協会 1982年度版


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 8460, today: 2, yesterday: 1
初版日時: 2006-03-01 (水) 04:50:22
最終更新: 2015-01-25 (日) 15:22:23 (JST) (852d) by webmaster