稲持遺跡 [東みよし町/稲持遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

いなもちいせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県三好郡東みよし町稲持

+ このマップの Wiki 記法

稲持遺跡

稲持遺跡:縄文時代晩期の集落/弥生時代の玉作遺跡 蛇紋岩勾玉

Page Top

遺跡の概要 anchor.png

標高75m前後を測る吉野川南岸の微高地上に立地する。

http://awakouko.info/uploads/img43d45cd361a90.jpg

上空から見た稲持遺跡の付近

Page Top

稲持遺跡(縄文時代) anchor.png

Page Top

キーワード anchor.png

縄文時代晩期の集落

Page Top

概要 anchor.png

Page Top

参考文献 anchor.png

稲持遺跡 三三大橋建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書』 徳島県教育委員会 1991年

Page Top

稲持遺跡(弥生時代) anchor.png

Page Top

キーワード anchor.png

弥生時代の玉作遺跡 蛇紋岩勾玉

Page Top

概要 anchor.png

 1986(昭和61年)〜1989年(平成元年)の橋の建設に伴う発掘調査により、4軒の竪穴住居跡や箱式石棺と積石墓が確認された。遺跡内において生活域と墓域がうかがえる例である。

 また、竪穴住居跡からは吉野川で採取される蛇紋岩を用いた勾玉とその未製品や原石、剥片などが出土し、それらとともに筋砥石叩石台石が出土した。このことから、稲持遺跡は四国内においても稀少な勾玉を製作・加工していた玉作の遺跡であることがわかった。特に、製作工程が復元できる遺跡は少なく、貴重な調査例と言える。蛇紋岩勾玉は、黒谷川郡頭遺跡や別所遺跡、貞光前田遺跡若杉山遺跡など広範囲の遺跡から出土しており、重要な交易品の一つであったと考えられる。

 なお、出土遺物の一部は徳島県立埋蔵文化財総合センターで常設展示している。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/h00036h4a41f4ea1fbde.jpg

調査中の稲持遺跡

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/y00037y4a9ce71109c55.jpg

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/d00124d4a41a409ea61a.jpg

出土した勾玉勾玉を作る材料や工具

Page Top

参考文献 anchor.png

稲持遺跡 三三大橋建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書』 徳島県教育委員会 1991年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 9805, today: 1, yesterday: 2
初版日時: 2006-03-01 (水) 04:50:48
最終更新: 2009-12-19 (土) 12:53:12 (JST) (3103d) by webmaster