[段の塚穴型石室] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

段の塚穴型石室 anchor.png

だんのつかあながたせきしつ
 美馬市にある段の塚穴古墳群の構造から名付けられた、後期古墳の横穴式石室の形式。旧阿波郡阿波町から旧美馬砲けて分布する。石室の特徴は、

  1. 玄室中央の天井石が一番高くなるように天井石を前後左右に階段状に持送り、ドーム状の天井構造を持つ。
  2. 石室の平面形態が長方形ではなく、中央部分が大きくふくらみ、羨道が羨門に向かい末広がりになる。

トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4378, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2006-01-27 (金) 16:47:47
最終更新: 2006-01-27 (金) 16:47:47 (JST) (4260d) by webmaster