石井廃寺跡 [石井町/石井廃寺跡] - レキシルとくしま

これらのキーワードがハイライトされています:

とくしま遺跡ナビ

Page Top

いしいはいじあと anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県名西郡石井町城の内

+ このマップの Wiki 記法

石井廃寺跡

石井廃寺跡:国造家との関連が推定される古代寺院 県指定史跡

Page Top

キーワード anchor.png

国造家との関連が推定される古代寺院 県指定史跡

Page Top

概要 anchor.png

 石井廃寺は、南に緩く傾斜する段丘面上にある古代寺院である。古くからの出土などにより寺院の存在が推定されていた。1957年(昭和32年)〜1959年(昭和34年)発掘調査が行われ、東に塔、西に金堂が並ぶ法起寺式の伽藍配置であることが分かった。また、明瞭な遺構は確認されないものの、二つの伽藍の北に講堂、南に中門が存在したと推定されている。出土遺物には・土師器・須恵器の他に塔などがある。の文様などから奈良時代前半に建立されたと考えられる。「阿波国造墓碑」に記された、国造家の粟氏との関連も推定される。

 国道192号から県道石井神山線を南下、県営曽我団地から南西へ約1。金堂と塔の礎石が見学できる。また、同廃寺跡からの出土遺物の一部は同町所在の童学寺に保管されている。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/t00070t4d5fc8d172c02.jpg

石井廃寺跡を案内する看板が設置されている。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/larges/k00069k4d5fc83d186bc.jpg

石井廃寺跡に残る塔と金堂の礎石

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

石井町教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島県文化財調査報告書第5集『石井』徳島県教育委員会 1962年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 7655, today: 1, yesterday: 2
初版日時: 2006-03-08 (水) 05:45:38
最終更新: 2017-05-16 (火) 22:20:21 (JST) (190d) by webmaster