浦庄中世墓 [石井町/浦庄中世墓] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

うらのしょうちゅうせいぼ anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県名西郡石井町浦庄下浦

+ このマップの Wiki 記法

浦庄中世墓

浦庄中世墓:中世の墓

Page Top

キーワード anchor.png

中世の墓

Page Top

概要 anchor.png

鎌倉時代の墓で、墓の上に文永7年(1270年)の銘のある阿波最古の板碑が建っている。1982年(昭和57年)に町道工事に伴い発掘調査が行われた。

 盛土の表面に白い河原石を敷き詰めており、蔵骨器の周囲にもていねいに石を組んでいる。蔵骨器は土師質のものと質のものあわせて3個が出土している。

 浦庄は中世において荘園として発達し、交通の要衝として栄えていたと考えられている。この墓の被葬者は、その丁寧な埋葬方法などから、鎌倉時代中頃の有力者だと推定されている。|

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

石井町教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

石井町史 上巻』石井町史編纂委員会 1991年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4711, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2006-03-08 (水) 05:44:45
最終更新: 2009-02-26 (木) 16:22:58 (JST) (3520d) by webmaster