阿波国分尼寺跡 [石井町/阿波国分尼寺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

あわこくぶんにじあと anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県名西郡石井町石井尼寺

+ このマップの Wiki 記法

阿波国分尼寺跡

阿波国分尼寺跡:奈良時代の国分尼寺・国指定史跡

Page Top

キーワード anchor.png

奈良時代の国分尼寺・国指定史跡

Page Top

概要 anchor.png

 741年(天平13年)、聖武天皇の発願によって、全国に国分寺と国分尼寺が造られ、奈良の東大寺を総国分寺に、法華寺を総国分尼寺とした。

 阿波国分尼寺跡は、鮎喰川によって形成された沖積平野に突き出した気延山南麓に位置する。1970年(昭和45年)・1971年(昭和46年)に、寺の範囲を確認する調査が行われた。その結果、寺の範囲は1町半四方(約150m)で、寺を建てる基準の方位は条里と同じ方向であることが分かった。金堂・北門・北東西の外濠、雨落ち溝などの遺構が確認された。出土遺物のうち、軒丸・軒平からみると創建の時期(奈良時代)を示すが、土器は平安時代のものが多く、創建当初の施設が長くは続かなかったことを示している。

 なお、現在も石井町教育委員会が調査を継続しており、講堂跡など新しい発見もあった。

 四国霊場十六番札所前の県道神山・国府線を西へ進み、山沿いへ。遺跡を説明する案内板が設置されており、見学可能。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/x00061x4d5fc74357e50.jpg

阿波国分尼寺跡の現在の様子

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

石井町教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

田辺征夫・松永住美「国分尼寺」『新修国分寺の研究 南海道』吉川弘文館 1987年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 8209, today: 1, yesterday: 1
初版日時: 2006-01-11 (水) 22:12:06
最終更新: 2017-05-16 (火) 22:19:22 (JST) (132d) by webmaster