ひびき岩古墳群 [石井町/ひびき岩古墳群] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

ひびきいわこふんぐん anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県名西郡石井町石井字内谷

+ このマップの Wiki 記法

ひびき岩古墳群

ひびき岩古墳群:古墳時代後期の群集墳

Page Top

キーワード anchor.png

古墳時代後期の群集墳

Page Top

概要 anchor.png

 気延山東麓の北東に延びる尾根の標高約20mの地点に位置する。約20基の古墳があったとされる。このうち16号墳、17号墳について調査が行われている。

 16号墳は直径約12mの円墳で、墳丘中央に横穴式石室が築かれる。石室は後世に火葬墓として再利用され遺存状況が悪い。石室規模は玄室長約4m、幅約2mの大きさで、平面形状は長方形である。出土遺物は須恵器・玉類(勾玉・トンボ玉・琥珀(こはく)製棗玉・切子玉・耳環など)・馬具などが出土しているが、火葬による熱の影響で損傷しているものが多い。

 17号墳は16号墳の東に位置する直径約10mの円墳である。横穴式石室が築かれ、その規模は玄室長1.75m、幅1.75mで、平面形状は正方形である。出土遺物は須恵器、管玉・切子玉・ガラス小玉・耳環などの玉類、鉄鏃・刀子・馬具などが出土している。

 これらの古墳は出土遺物などから6世紀末に築造されたと考えられる。古墳の規模に比べて出土遺物が豊富であり、当時のこの地域の様相を示す貴重な資料である。

 石井町中央公民館に出土遺物の一部が展示されている。

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

石井町教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

ひびき岩古墳群」『徳島県文化財調査概報』昭和54年度 徳島県教育委員会  1980年

『ひびき岩16号墳発掘調査報告書』 石井町教育委員会 1986年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5270, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2006-03-08 (水) 05:43:38
最終更新: 2009-02-01 (日) 12:07:46 (JST) (3217d) by webmaster