大谷尻遺跡 [三好市/大谷尻遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

おおたにじりいせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県三好市三野町勢力

+ このマップの Wiki 記法

大谷尻遺跡

大谷尻遺跡:弥生時代の高地性集落

Page Top

キーワード anchor.png

弥生時代の高地性集落

Page Top

概要 anchor.png

 弥生時代後期初頭に出現したいわゆる高地性集落である。1995年(平成7年)高速道路建設に伴う発掘調査によりその全貌が明らかとなった。標高140mの高所に立地し、周囲に壕(ほり)を巡らした特異な集落である。竪穴住居跡が14棟発見されている。また、米やドングリなどの堅果類を貯蔵した土坑も合わせて見つかっている。

 集落内では、土器・石器・木器が生産されていたことが分かっている。また、弥生時代としては貴重なガラス玉も出土している。

 また、集落の立地や壕(ほり)を巡らした状況などから、外敵からの防御を目的として建設された集落と思われる。集落の存続期間が短い点も注目される。弥生時代の社会情勢を考える上で、極めて重要な集落遺跡である。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/photos/m00017m4a41f21a8d9ad.jpg

大谷尻遺跡の全景

http://awakouko.info/uploads/webphoto/photos/q00018q486c67a23f7b2.jpg

大谷尻遺跡から出土した石器。大谷尻遺跡では石器を作っていたようだ。

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島県埋蔵文化財センター調査報告書第53集「大谷尻遺跡」 2005年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4329, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2006-03-01 (水) 04:41:51
最終更新: 2009-06-25 (木) 12:49:57 (JST) (3226d) by webmaster