相知遺跡 [三好市/相知遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

あいちいせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県三好市井川町西井川

+ このマップの Wiki 記法

相知遺跡

相知遺跡:弥生時代後期の遺跡、古代の掘立柱建物跡群と石製巡方

Page Top

遺跡の概要 anchor.png

 相知遺跡は吉野川南岸の標高125mを測る河岸段丘上に立地する。1996(平成8)年に高速道路建設に伴い発掘調査が行われた。

Page Top

相知遺跡 (弥生時代) anchor.png

Page Top

キーワード anchor.png

弥生時代後期の遺跡

Page Top

概要 anchor.png

 調査地の西寄りでは、弥生時代後期前半の土坑や溝が確認された。出土遺物には壺や、鉢、高杯などの土器の他に石鏃、石庖丁、敲石などの石器があり、近隣に弥生時代後期前半の集落があったことをうかがわせる。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/v00043v4a4316d8222ef.jpg

相知遺跡の遠景

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/j00044j4a9ce114c832e.jpg

相知遺跡の遺物出土風景

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島県埋蔵文化財センター調査報告書第59集「相知遺跡」2005年

Page Top

相知遺跡 (古代) anchor.png

Page Top

キーワード anchor.png

古代の掘立柱建物跡群と石製巡方

Page Top

概要 anchor.png

 調査地の中央よりやや西寄りでは、平安時代を主とした掘立柱建物跡群が確認されている。この掘立柱建物跡群の内でも8棟の建物には多少の時期差があるが、建物の主な方向を同じくするかまたは直交させる配置であり、さらに東側を溝により区画させている。これら建物群の配置とあわせて石製巡方の出土から、相知遺跡は古代の役所の可能性のある建物群として注目される。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/d00041d4a431673afc8f.jpg

相知遺跡の掘立柱建物群と区画溝

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/k00042k4a9ce7ae24a01.jpg http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/d00040d4a9ce73b641a2.jpg

石製巡方の表裏

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島県埋蔵文化財センター調査報告第59集「相知遺跡」2005年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 7090, today: 3, yesterday: 0
初版日時: 2006-03-01 (水) 04:42:50
最終更新: 2017-05-16 (火) 21:56:05 (JST) (156d) by webmaster