山田遺跡(1)*1 [三好市/山田遺跡(1)] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

やまだいせきいち anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県三好市池田町ヤマダ

+ このマップの Wiki 記法

山田遺跡(1)

山田遺跡(1):縄文時代の岩陰遺跡

Page Top

キーワード anchor.png

縄文時代の岩陰遺跡

Page Top

概要 anchor.png

 山田遺跡(1)は四国山地から延びる北西に突き出た尾根の標高120m前後の南西斜面に位置する。岩盤である結晶片岩が庇(ひさし)状に飛び出し、高さ5m余り・奥行き1.8mの大きさの岩陰遺跡である。

 1996年(平成8年)高速道路建設に伴う調査により、岩陰A・B・Cの3基が確認された。岩陰Aからは縄文土器のほかサヌカイト製の石鏃や剥片、結晶片岩製の叩石・磨石・石皿などが出土している。これらの出土遺物から縄文時代早期末〜前期初頭の年代が考えられる。

 このような岩陰遺跡は県内では加茂谷川岩陰遺跡群、古屋岩陰遺跡に続いて3例目の発見であり、縄文時代の生活の様子について研究するで貴重な発見である。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/v00050v4a9ce190a8761.jpg

岩陰遺跡である山田遺跡1の様子

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島県埋蔵文化財センター調査報告書第58集「山田遺跡(1)」ほか 2005年


*1 山田遺跡1:正式な遺跡名では「1」はローマ数字

トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 7160, today: 1, yesterday: 2
初版日時: 2006-03-01 (水) 04:44:38
最終更新: 2009-12-19 (土) 11:57:54 (JST) (3284d) by webmaster