加茂野宮遺跡 [三好市/加茂野宮遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

かものみやいせき1 anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県三好市三野町加茂野宮

+ このマップの Wiki 記法

加茂野宮遺跡

加茂野宮遺跡:段丘上に営まれた古墳時代の集落、中世の祭祀に用いられた和鏡が出土

Page Top

遺跡の概要 anchor.png

 吉野川北岸の河岸段丘上に営まれた、古墳時代から中世にかけての集落遺跡。変電所建設に伴って1996年(平成8年)発掘調査が行われた。

Page Top

加茂野宮遺跡(古墳時代) anchor.png

Page Top

キーワード anchor.png

段丘上に営まれた古墳時代の集落

Page Top

概要 anchor.png

 古墳時代後期の遺構面では、竪穴住居跡9棟がみつかった。竪穴住居跡は平面形が方形で一辺3.1〜5.8mの大きさをもつもので、7棟で竈(かまど)を確認した。竈はすべて住居の北辺に位置する。

 さらに下層の細砂層からは、古墳時代初頭の壷・・鉢などが多数出土した。完形品が多いことから、流路における祭祀に用いられた可能性もある。

 これらの遺物は三好市教育委員会で保管され、その一部は同市三野町公民館入口で展示されている。

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

三好市教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

加茂野宮遺跡』三野町教育委員会 1997年

Page Top

加茂野宮遺跡(中世) anchor.png

Page Top

キーワード anchor.png

中世 祭祀に用いられた和鏡が出土

Page Top

概要 anchor.png

 中世の遺構面では多数の柱穴・土坑・溝・土壙墓が確認された。直径約60,深さ約30の土坑から、和鏡が1面出土している。和鏡は直径8.8の青銅製で、菊花と楓・2羽の鳥がデザインされており、平安時代末期のものとみられる。和鏡の直下から稲藁(いなわら)状の繊維や籾殻などが確認されていて、祭祀に用いられたと考えられる。この他「吉*1 」字銅印や青銅製帯金具、須恵器硯(すずり)などが出土していることから、近くに古代の役所があったと想像される。

 出土した遺物は三好市教育委員会で保管されている。

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

三好市教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

加茂野宮遺跡』三野町教育委員会 1997年


*1 吉は「土」に「口」

トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5382, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2006-02-02 (木) 20:02:03
最終更新: 2009-12-19 (土) 13:15:16 (JST) (2838d) by webmaster