大里古墳群 [海陽町/大里古墳群] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

おおさとこふんぐん anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県海部郡海陽町大里字浜崎

+ このマップの Wiki 記法

大里古墳群

大里古墳群:古墳時代後期の横穴式石室墳

Page Top

キーワード anchor.png

古墳時代後期の横穴式石室墳

Page Top

概要 anchor.png

 海部川を臨む段丘上の標高約8mの地点に位置する。数基の古墳が存在していたようであるが、現在残っているのは2号墳のみである。1951年(昭和26年)から計4度の調査が行われている。1996年(平成8年)の徳島大学考古学研究室による調査で、直径約20mの墳丘をもち、周囲に幅約2mの周濠がめぐっていたことが確認された。

 墳丘の中央には横穴式石室が作られている。石室の規模は全長11.2m、玄室長5.7m、幅1.95m、羨道長5.5m。重さ5トンを超える巨石を用いて石室が築かれている。石室からは須恵器や鉄鏃、装身具などが出土した。出土した須恵器の特徴から7世紀はじめ頃に築造されたと考えられる。

 徳島県南部を代表する後期古墳。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/c00032c4aa7051e57e57.jpg

大里2号墳の現況

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/w00033w4aa7054cc3510.jpg

大里2号墳の奥壁

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

海陽町教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

『阿波海南 大里2号墳発掘調査報告書』 徳島大学考古学研究室・海南町教育委員会 1997年


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 9007, today: 4, yesterday: 2
初版日時: 2006-03-08 (水) 05:32:39
最終更新: 2014-09-10 (水) 17:01:54 (JST) (957d) by webmaster