北岡古墳(東古墳) [阿波市/北岡古墳(東古墳)] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

きたおかこふん(ひがしこふん) anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県阿波市阿波町北岡

+ このマップの Wiki 記法

阿波市/北岡古墳(東古墳)

北岡古墳(東古墳):古墳時代後期の円墳・段の塚穴型石室の東限 県指定史跡

Page Top

キーワード anchor.png

古墳時代後期の円墳・段の塚穴型石室の東限 県指定史跡

Page Top

概要 anchor.png

 北岡古墳(東古墳)は標高47mを測る低位段丘の縁辺部に位置し、その東側は吉野川の沖積地が拡がるため眺望が良好である。削平を受けて墳丘の遺存状態は悪いが、直径約15m、墳丘高約5mの円墳と推定される。

 1976年(昭和51年)に、徳島県博物館により内部主体の実測調査が行われた。横穴式石室は南東方向に開口する。石室は現全長5.26m、玄室長3.1m、奥壁幅2.02m、玄室中央部高2.24m、羨道部長2.16m、幅0.80m、羨門部高1.17mの大きさ。石材には結晶片岩の川原石と割石を使用している。典型的な段の塚穴型石室で、構造の特徴から6世紀後半の築造と考えられる。

 段の塚穴型石室を持つ古墳として東限に位置するため、この石室をもつ古墳の分布域を検討する上で貴重な遺跡である。

 古墳を見学するには、県道12号線(鳴門池田線)と岩津橋を通過する道路との交差点を、北に上がり約500m。北岡東集会所の裏。

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

阿波市教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

天羽利夫 「徳島県下における横穴式石室の一様相 ―その2―」 『徳島県博物館紀要 第8集』徳島県博物館 1977年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5648, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2005-11-29 (火) 03:29:13
最終更新: 2009-02-01 (日) 11:58:43 (JST) (3092d) by webmaster