蛭子瓦窯跡 [阿波市/蛭子瓦窯跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

えびすがようせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県阿波市土成町秋月

Page Top

キーワード anchor.png

中世細川氏関連の寺院にを供給したと推定される窯

+ このマップの Wiki 記法

蛭子瓦窯跡

蛭子瓦窯跡:中世細川氏関連の寺院にを供給したと推定される窯

Page Top

概要 anchor.png

 蛭子瓦窯跡は、標高48mの御嶽(おみたけ)山の東麓に位置する。1978年(昭和53年)、区画整理中に発見され、半地下式有(ゆうしょう)式平窯であることが判明した。市指定史跡。

 窯体は全長2.45m、最大幅は焼成室で約1.3m、焚口幅0.35mを測る。窯体の南側に焚口が設けられ、その南方で灰原を検出している。窯体側壁は削平が著しく全容は不明だが、砂を混ぜた粘土で造られる。床面には奥壁に向かい並行して3条の(火床)が設けられる。

 遺物の大半は丸・平塼(せん)で、灰原の最下層から巴文軒丸が出土した。出土した軒丸から窯の操業時期は室町時代と考えられ、周辺に存在したとされる補陀(ふだ)寺(廃寺)や光勝院(鳴門市に移転)・宝冠寺(廃寺)など中世細川氏関連のを供給したと考えられる。

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

阿波市教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

『徳島県文化財調査概報 昭和53年度(1978)』徳島県教育委員会 1980年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4584, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2006-03-08 (水) 05:39:16
最終更新: 2009-02-25 (水) 16:42:30 (JST) (3187d) by webmaster