廿枝遺跡 [阿南市/廿枝遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

廿枝遺跡 anchor.png

Page Top

はたえだいせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県阿南市桑野町廿枝

+ このマップの Wiki 記法

廿枝遺跡

廿枝遺跡:徳島県南部の代表的な旧石器時代の遺跡

Page Top

キーワード anchor.png

徳島県南部の代表的な旧石器時代の遺跡

Page Top

概要 anchor.png

廿枝遺跡は1967年(昭和42年)に、個人の宅地造成中に発見された。137点の石器が出土していて、その大部分は徳島県南部で採れるチャートで作られていた。ナイフ形石器と、それらを作った際にできた石片が多数含まれていたことから、当時の人々がここで石器を作って生活していたことが明らかとなった。また、他に縄文時代や弥生時代の遺物も出土している。

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

徳島県立博物館

Page Top

参考文献 anchor.png

天羽利夫・立花博「徳島県廿枝遺跡採集の石器」『古代学』16巻1号 1969年

高橋正則「徳島県阿南市廿枝遺跡採集の石器再考」『旧石器考古学』第29号 1984年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5035, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2008-07-01 (火) 11:16:54
最終更新: 2009-01-29 (木) 13:12:25 (JST) (3241d) by webmaster