正福寺山遺跡 [阿南市/正福寺山遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

しょうふくじやまいせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県阿南市富岡町

+ このマップの Wiki 記法

正福寺山遺跡

正福寺山遺跡:丘陵に営まれた集落

Page Top

キーワード anchor.png

丘陵に営まれた集落

Page Top

概要 anchor.png

現在の阿南市の中心部である富岡のすぐ南側にある、標高85mの正福寺山にある弥生時代の集落遺跡。遺跡は、この山塊の中腹の標高60mのちょうど正福寺の裏に遺跡は存在した。1955年(昭和30年)〜1966年(昭和41年)までに竪穴住居跡や遺物包含層が確認されている。

 正式な発掘調査がなされていないので、遺跡の全体の様子は判然としないが、出土土器からみて中期後半から後期前半の集落遺跡であったと考えられる。遺跡からの眺望は良好で、眼下には那賀川・桑野川、さらに遠く紀伊水道を見ることができる。いわゆる高地性集落とみられるが、遺構・遺物や周辺の低地性の集落との比較検討が必要であろう。

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

徳島県立博物館

Page Top

参考文献 anchor.png

伊藤勇輔「四国地方の弥生系高地性集落遺跡の資料」『古代学研究』第66号 1973年

阿南市史 第一巻』阿南市 1987年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4916, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2006-03-03 (金) 19:27:35
最終更新: 2009-01-29 (木) 14:52:05 (JST) (3279d) by webmaster