宮ノ本遺跡 [阿南市/宮ノ本遺跡] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

みやのもといせき anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県阿南市長生町宮ノ本

+ このマップの Wiki 記法

宮ノ本遺跡

宮ノ本遺跡:縄文時代晩期から弥生時代前期の集落遺跡

Page Top

キーワード anchor.png

縄文時代晩期から弥生時代前期の集落遺跡 概要 桑野川北岸の標高約4mの谷底平野に位置する。平成16年(2004年)から発掘調査が行われ、主に縄文時代晩期から弥生時代前期と、鎌倉時代を中 心 とする中世の二つの時期の遺構が見つかっている。弥生時代前期〜縄文時代晩期の遺構面では、両者の時期に属する竪穴住居跡が確認された。縄文時代晩期の住居内からはサヌカイト製の石器、弥生時代では磨製石斧や打製石庖丁など農耕に関連した遺物やミニチュア土器などが出土している。

 水田農耕に適した低地に立地する、縄文時代晩期と弥生時代前期の竪穴住居跡の確認は県内でも初めてであり、縄文時代から弥生時代への移り変わりを考える上で重要な遺跡である。  

Page Top

参考文献 anchor.png

徳島県埋蔵文化財センター年報Vol.15 2005年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 4455, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2006-03-03 (金) 19:25:28
最終更新: 2018-06-08 (金) 20:27:04 (JST) (12d) by webmaster