学原剣塚古墳 [阿南市/学原剣塚古墳] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

がくはらつるぎづかこふん anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県阿南市学原町深田

+ このマップの Wiki 記法

学原剣塚古墳

学原剣塚古墳:古墳時代後期の横穴式石室墓

Page Top

キーワード anchor.png

古墳時代後期の横穴式石室墓

Page Top

概要 anchor.png

標高約40mの尾根状に位置する。墳丘の直径約10mの円墳で、南に開口した横穴式石室をもつ。墳丘の盛土はほとんど流失し、石材も多く持ち去られていた。1959年(昭和34年)に発掘調査が行われている。石室の規模は全長約4.6mである。石室内から勾玉・管玉・丸玉・切子玉・棗玉・ガラス小玉・耳飾などの装飾品の他、頭椎(かぶつち)大刀・鉄鏃・刀子の鉄器類や須恵器など、豊富な資料が出土している。なお頭椎大刀には銀象嵌(ぎんぞうがん)が施されている。

遺物などから古墳時代後期に築造されたと考えられる。当時のこの地域の古墳を考える際、重要な遺跡である。

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

阿南市教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

『阿波学原剣塚古墳阿南市教育委員会 1960年

阿南市史 第一巻』阿南市教育委員会事務局 1987年


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 5192, today: 2, yesterday: 0
初版日時: 2006-03-03 (金) 19:24:55
最終更新: 2009-02-01 (日) 10:44:26 (JST) (3159d) by webmaster