土成丸山古墳 [阿波市/土成丸山古墳] - レキシルとくしま

とくしま遺跡ナビ

Page Top

どなりまるやまこふん anchor.png

Page Top

所在地 anchor.png

徳島県阿波市土成町高尾

+ このマップの Wiki 記法

土成丸山古墳

土成丸山古墳:周濠をもつ県下最大の円墳

Page Top

キーワード anchor.png

周濠をもつ県下最大の円墳

Page Top

概要 anchor.png

 土成丸山古墳は、宮川内谷川によって形成された扇状地上に位置する。田畑や墓地による削平を受けて墳丘の遺存状態はあまり良くないが、1984(昭和59)年に徳島県立博物館によって測量調査が行われ、直径約40m、墳丘高約6.5mを測る二段築成の円墳と推定される。また幅14m弱を測る周濠を持ち、円墳では県下一の規模を持つ。

 内部主体は、発掘調査が実施されておらず不明である。墳丘上にみえる石や埴輪からみて、墳丘は葺石で覆われており、形象埴輪円筒埴輪が立て並べられていたと考えられる。埴輪の表面の色の特徴などから、いくつかの窯から埴輪を運び込んだと想定される。出土した埴輪から、5世紀中頃に築造されたと考えられる。  古墳は、6番札所安楽寺の西方約200mの県道139号線沿いにあり、見学することができる。

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/a00117a4d5fc4267c844.jpg

上空から見た土成丸山古墳 写真提供 徳島県立博物館

http://awakouko.info/uploads/webphoto/middles/e00052e4aa7097cbe6f6.jpg

周壕が確認できる土成丸山古墳

Page Top

問い合わせ先 anchor.png

阿波市教育委員会

Page Top

参考文献 anchor.png

天羽利夫・岡山真知子・武蔵美和「土成丸山古墳調査報告」『徳島県博物館紀要』第18集 1987年|


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 8997, today: 4, yesterday: 3
初版日時: 2005-11-01 (火) 23:54:16
最終更新: 2015-12-07 (月) 16:18:33 (JST) (739d) by webmaster