2017 古代体験まつり

予定表 -詳細情報-

件名 2017 古代体験まつり
開始日時 2017年 10月 29日 (日曜日)   (全日イベント)
終了日時 2017年 10月 29日 (日曜日)  
場所 レキシルとくしま(徳島県立埋蔵文化財総合センター)
連絡先 徳島県埋蔵文化材センター 普及係 筺088-672-4545
詳細 日 時   10月29日(日)
会 場   レキシルとくしま(徳島県立埋蔵文化財総合センター)
時 間   午前9:30〜午後16:30 (お昼休み12:30〜13:30)
備 考  
●古代体験まつりは,当日受付です。
●定員が決まっている体験は,整理券を配布します。
●「発掘体験!」「ガラス玉づくり」「勾玉づくり」の整理券は,午前9:15に配布します。
●「草木染め」「火おこし」「組紐」の整理券は,午前9:15と午後13:20の2回配布します。
●整理券は,お一人さま1つの体験につき1枚のお渡しとなります。
●体験は,整理券の配布順となります。体験の時間指定は出来ませんので,御了承ください。

◇発掘体験!
調査に使う道具を使って,遺構を「みつける!」「ほる!」体験です。
■参加費:無料
■時 間:午前9:30〜午後16:20(お昼休み12:30〜13:30は除く)
■定 員:200名(整理券が必要・体験の時間は整理券に記載)
■対 象:幼児〜一般(小学3年生以下は保護者と共同作業)
*当日,雨天の場合は中止となります(小雨は決行)。

◇草木染め
古代から利用されてきた赤い染料「スオウ」や黄色の染料「キハダ」を使った染色体験です。
■材料費:100円(ハンカチ代含む)
■時 間:【午前】9:30〜11:30 【午後】13:30〜15:30
■定 員:午前・午後ともに定員40名(スオウ20名・キハダ20名)
■対 象:幼児〜一般(小学3年生以下は保護者と共同作業)
*当日,雨天の場合は中止となります(小雨は決行)。

◇ガラス玉づくり
ガラス棒をとかして鉄の棒に巻き付け、ガラス玉を作る体験です。自分の好きな色を選んで作ろう!
■材料費: 100円(1個)
■時 間:午前9:30〜午後16:20(お昼休み12:30〜13:30は除く)
■定 員:85名(整理券が必要・体験の時間は整理券に記載)
■対 象:小学4年生〜一般

◇タイムアタック!火おこし
「マイキリ」を使った古代の火おこし。あなたは制限時間内で火をおこすことができるかな。
■材料費: 100円
■時 間:【午前】9:30〜12:30 【午後】13:30〜16:00
■定 員:午前・午後ともに各60名
■対 象:小学4年生〜一般(小学生3年生以下は保護者と共同作業)
*当日,雨天の場合は中止となります。

◇勾玉づくり
滑石や琥珀を使った,古代のアクセサリー作り。
■材料費: 100円(滑石)・1000円(琥珀)
■時 間:【午前】9:30〜10:45 11:00〜12:15
【午後】13:30〜14:45 15:00〜16:15
     *個人差はありますが,製作に約1時間かかります。
■定 員:140名(整理券が必要・体験の時間は整理券に記載)
■対 象:小学4年生〜一般(小学生3年生以下は保護者と共同作業)

◇組紐
道具を使わずに指だけで紐をつくる「クテ打ち技法」を体験!3本の紐を使って,ミサンガを作ろう。
■参加費:無料
■時 間:【午前】9:30〜12:30 【午後】13:30〜16:00
■定 員:午前・午後ともに定員60名
■対 象:小学4年生〜一般(小学生3年生以下は保護者と共同作業)

◇古代体験バラエティー
埋文クイズ  何分でできるかな?クイズに合格すると記念品をプレゼント!
       (記念品は多数用意していますが,品切れになる場合もあります)
古代衣装   古代人になりきろう!衣装を着て写真を撮ろう!
オオムギ   種まき・脱穀,もみすりを体験してみよう!
缶バッチ   古代の図柄に色を付けたり,自分の気に入った絵柄をバッチにしよう!
泥面子づくり メンコ」のルーツ,江戸時代のおもちゃ「泥面子」をつくってみよう!
たくさんある絵柄の中から,お気に入りを見つけてね。
拓本でしおりづくり
昔の人が使った土器片の拓本を取ろう!その拓本で作ったしおりは,世
界に一つだけ!
木工体験   スギの丸太切りにチャレンジ!

■参加費:無料 【缶バッチのみ、材料費100円(1個)】
■時 間:随時受付【お昼休みの12:30〜13:30を除く】 
■対 象:幼児〜一般
カテゴリー
投稿者 webmaster
レコード表示 公開
繰り返し
最終更新日 2017年 10月 18日 (水曜日)
iCalendar(Win) iCalendar(Mac)
piCal-0.8
印刷する
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。