とくしま埋文ニュース

  
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2016-01-05 15:47:12 (1994 ヒット)
発掘へんろ

第1回四国地区埋蔵文化財センター発掘へんろ展
「四国の黎明(れいめい)」が開催されます。

このたびの展示「四国の黎明」では、いまから数万年前の旧石器時代から縄文時代にかけて、米や金属を知らなかった日本人がどのように生き抜いてきたのかについて、わかりやすく展示します。
講座では石器を使った魚の解体実演、この時代の研究では日本屈指のスペシャリストである稲田孝司氏による講演、古代体験では縄文土器作り、バスツアーなど多彩な内容となっています。

会  期:平成28年1月12日(火)〜3月13日(日)
開館時間:9:30〜17:00
休 所 日:月曜、祝日
観覧無料です!お気軽にお越し下さい!



●アワコウコ楽講座
「四国の黎明」1月31日(日)
「日本の黎明」3月 6日(日)
・レキシルとくしま研修室
・13:30〜16:30
・お申し込みは不要です。当日、会場にお越し下さい。
・資料代500円を頂戴いたします。資料は二日分です。



●おもしろ古代体験
「世界に一つの縄文土器作り!」
さまざまな形や不思議な模様をもつ縄文土器。粘土をこねて、いろいろな道具で模様をつけ、縄文人もビックリするような、世界にひとつだけの縄文土器をつくってみましょう!
・土器の成形(粘土をこねます):2月7日(日)午前10時、午後1時
・土器の焼成(土器を焼きます):2月28日(日)午前9時スタート(雨天順延)
・定員:午前、午後各25名(付き添いや保護者の方は含みません)※定員超過の場合は抽選
・応募方法:往復ハガキに、1.体験者氏名 2.希望時刻(午前か午後)3.住所 4.電話番号 をご記入のうえ、徳島県埋蔵文化財センター普及係宛にお送り下さい。
・応募締切:1月29日(金)必着
・参加費:体験者一人200円

●バスツアー
「県南の遺跡を見に行こう!」
小松島市〜海陽町にかけての県南部の遺跡や古墳、城跡や博物館を訪ねます。
・日時:3月19日(土)8:30集合、17時解散予定
・定員:40名(定員超過の場合は抽選)
・応募方法:往復ハガキに、1.参加者全員の氏名、年齢、生年月日 2.住所 3.電話番号 をご記入のうえ、徳島県埋蔵文化財センター普及係宛にお送り下さい。※生年月日は保険を掛ける際に必要です。
・応募締切:2月26日(金)必着
・参加費:大人2000円 中学生以下1000円 ※保険代込み

ハガキの書き方は、チラシ裏面を参考になさって下さい。

みなさまのご来場を心からお待ち申し上げております(^_^)/


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-12-19 10:18:09 (769 ヒット)
発掘へんろ

毎年恒例となりました、四国埋蔵文化財センター巡回展「続・発掘へんろ」を本年度も開催します。

今回は、「四国の近世」をテーマに遺跡や出土品を紹介します。

近世には、武士政権による統一支配が進み、幕藩体制が確立します。

四国各県でも、近世城郭・城下町・集落などで一部が発掘調査され、家紋入りの瓦や各地の陶磁器が出土し、「城下」の様子を知ることができるようななりました。中には、遊び道具や食物残滓(食べ残し)なども発見され、当時の生活の様子も推測できるようになってきています。

今回の「続・発掘へんろ」展で、これら発掘調査成果をぜひご覧ください。

関連事業として、調査成果報告・講演会、古代体験イベント1回、近世の徳島を象徴する古城を巡るバスツアーを実施します。


会場
 徳島県立埋蔵文化財総合センター (徳島県板野郡板野町犬伏字平山86-2)

日程
 会期 平成27年1月13日(火)〜3月15日(日) 9:30〜17:00 月曜日・祝日は休所日

関連行事


 (1)アワコウコ楽公開講座 四国の近世 調査成果報告会
    開催日時 平成27年2月8日(日) 13:30〜16:30
    
    発掘調査に携わった講師による、四国各県の近世城と城下町に関する発掘調査成果報告です。
    

 (2)アワコウコ楽公開講座 四国の近世 講演会
    開催日時 平成27年2月22日(日) 13:00〜16:30
    講師・報告者者
     講師 松本啓子氏((公財)大阪市博物館協会 大坂文化財研究所)
     講師 石丸恵利子氏(広島大学総合博物館埋蔵文化財調査部門)
     報告 大北和美(公益財団法人徳島県埋蔵文化財センター)


 ※講座の参加は自由です。
 ※受講料は無料ですが 資料代が500円必要です。資料は2/8、2/22両日同じものとなります。


 (3)おもしろ古代体験「ドロメンコをつくろう & あそぼう」
    つくろう 平成27年2月1日(日)【午前の部】10:00〜11:30【午後の部】13:30〜15:00【後日焼成してお渡しします。】
         材料費 100円
    あそぼう 平成27年2月1日(日)【午前の部】10:30〜12:00【午後の部】14:00〜15:30
         参加費無用。参加記念品をプレゼントします。、
         
    対象   小学校4年生以上
    
    申し込み
    
     「ドロメンコをつくろう」希望の方は、メール、またはハガキで応募してください。
    「氏名」「学年(年齢)」「連絡先(住所・電話番号・メールアドレス)」「参加希望時間」を明記の上、下記まで郵送または送信してください。
    【郵送先】
     〒779-0108 徳島県板野郡板野町犬伏字平山86-2 徳島県埋蔵文化財センター「ドロメンコづくり」係
    【メール】
     アドレス awapac@tokushima-maibun.net
     
     「ドロメンコであそぼう」希望の方は、当日受付です。 
     
    
   

 (4)室町ロマンから藩政のみち 阿波徳島三城巡りバスツアー
   室町時代から江戸時代にかけて、阿波・徳島においても大きな時代の変化が訪れ、政治の中枢も勝瑞城館、一宮城、徳島城へと移り変わっていきました。今回のツアーでは、阿波・徳島を象徴するこの「三城」を中心に、周辺の江戸時代の遺跡をバスと徒歩でゆき巡ります。
   
   日程  平成27年3月8日(日)9:00〜17:00 弁当持参
   集合場所 徳島県立埋蔵文化財総合センター
   出発時間 9:00(時間厳守 8:50頃には集合してください。)、帰着時間 17:00を予定
   参加費用  2000円(交通費・保険加入)
   巡回する場所
   (1)勝瑞城館跡
   (2)一宮城跡
   (3)徳島城跡と城下
   (4)その他
   
   【帰着 徳島県立埋蔵文化財総合センター 解散】
   
 対象 中学生以上(急な坂道を上り下りします。体力に自信のない方はバスで待機していただく場合があります。)
 
 定員 50名(先着順)


 申し込み
  氏名・生年月日・連絡先住所・電話番号を明記し、ハガキ・ファクス・メールでお申込み下さい。締切平成27年2月9日(月)
 
 申し込み先  徳島県埋蔵文化財センター「三城巡り」係
  〒779-0108 徳島県板野郡板野町犬伏字平山86番2
  でんわ 088-672-4545 ファクス 088-672-4550
  メール awapac@tokushima-maibun.net

主催 
 四国地区埋蔵文化財センター巡回展実行委員会、公益財団法人徳島県埋蔵文化財センター

後援
 エーアイテレビ、全国公立埋蔵文化財センター連絡協議会、全国埋蔵文化財法人連絡協議会


徳島城下で出土した景徳鎮


徳島城下で出土したオランダ産の陶器


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-12-12 17:29:01 (761 ヒット)
発掘へんろ

 日本で中世と呼んでいるのは、鎌倉時代や室町時代を中心とする時代です。この頃には、現代でも利用するすり鉢などが使われるようになりました。今回のおもしろ古代体験では、すり鉢やこね鉢を作ります。

会場 徳島県立埋蔵文化財総合センター

日程
 
【成形】
 平成26年2月2日(日) 13:30〜16:30
 (焼成は3月上旬に当センターで行います。平日に行いますので参加は自由です。後日、完成品を取りに来てください。)

対象
 小学校4年生以上


定員
 20名
 
申し込み
 往復ハガキで募集。定員超過の場合は抽選




参加費
 材料費が500円必要です。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-12-12 17:28:21 (807 ヒット)
発掘へんろ

「続・発掘へんろ」は、四国の中世について企画展です。
今回のバスツアーは、徳島県内の、特に吉野川流域の中世城館跡をバスで巡ります。


日程
 平成26年3月9日(日)9:30〜17:00 弁当持参
 
集合場所
 徳島県立埋蔵文化財総合センター

 出発時間 9:30(時間厳守 9:20頃には集合してください。)
 帰着時間 17:00を予定
 
参加費用
 2000円(交通費・保険加入 当日に集金します。)

巡回する場所
(1)秋月城跡 (2)脇城跡  【昼食】 (3)重清城跡  (4)白地城跡  (5)池田(大西)城跡 (6)円通寺遺跡(吉野川ハイウエイオアシス)【帰着 徳島県立埋蔵文化財総合センター 解散】


対象
 中学生以上(急な坂道を上り下りします。体力に自信のない方はバスで待機していただく場合があります。)

定員
 50名(先着順)

申し込み
 氏名・生年月日・連絡先住所・電話番号を明記し、ハガキ・ファクス・メールでお申込み下さい。締切平成26年2月21日(金)

申し込み先 
 公益財団法人徳島県埋蔵文化財センター普及係
 〒779-0108 徳島県板野郡板野町犬伏字平山86番2
 でんわ 088-672-4545 ファクス 088-672-4550
 メール awapac@tokushima-maibun.net

※少雨決行。

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-12-12 17:27:35 (902 ヒット)
発掘へんろ

 「続・発掘へんろ―四国の中世―」の展示テーマとして取り上げている「城館」と「物流の発達」について、考古学講座を開催します。

会場
 徳島県立埋蔵文化財総合センター (徳島県板野郡板野町犬伏字平山86-2)

日程と内容

(1)アワコウコ楽公開講座 四国の中世 −中世四国の城と館−

  中世に、領国や地域の支配拠点として築かれた城(山城)や館について、発掘調査で得られた出土品やデータをもとに、中世城館が四国の歴史の中で果たした役割を紹介します。

 【開催日時】 平成26年2月9日(日) 13:00〜16:30

 【講演】 重見高博氏(藍住町教育委員会)
   「勝瑞城館跡と阿波の中世城館」

 【報告】
  ・高知県 吉成承三氏(公益財団法人高知県文化財団埋蔵文化財センター調査課第4班長)
   「土佐の中世城館」
   
  ・香川県 長井博志氏(香川県埋蔵文化財センター 文化財専門員)
   「讃岐の中世城館」
   
  ・愛媛県 中野良一氏(公益財団法人愛媛県埋蔵文化財センター 担当課長)
   「伊豫の中世城館」
   



(2)アワコウコ楽公開講座 四国の中世 −中世四国の流通−

  舟運による国際貿易や、瀬戸内など四国沿岸航路の発達により、四国では様々な地域で製作された品物が出土します。今回は考古学の最新成果だけでなく文献史学の視点も交え、人や物の往来が四国に与えた影響と四国が果たした役割について考えます。

 【開催日時】
  平成26年2月23日(日) 13:00〜17:00
 
 【講演】
  講師 橋本久和氏(高槻市教育委員会文化財課)
   「考古学から見た中世四国の物流」
   
  講師 市村高男氏(高知大学教育研究部 総合科学系 黒潮圏科学部門 教授)
   「歴史学から見た中世四国の物流」
   
 【報告】 島田豊彰(公益財団法人徳島県埋蔵文化財センター主任研究員)
   「中世阿波の流通」
   
 【講演者・報告者によるパネルディスカッション】
   コーディネーター 福家清司(公益財団法人徳島県埋蔵文化財センター理事長)


※講座の参加は自由です。
※受講料は無料ですが【資料代が500円必要です。資料は2/9、2/23両日同じものとなります。】


(1) 2 3 »