とくしま埋文ニュース

  
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-04-19 09:45:41 (2155 ヒット)
TOP

自然科学の発展は、考古学にどのような影響を与えてきたのでしょうか。またそれによって何が解明されてきたのでしょうか。
遺物の保存処理の重要性とともに、これまで行われた自然科学分析により、徳島の考古学にどのような新見地が与えられたのか考えていきたいと思います。
この講座は、2016 年11月・12月に2回実施した専門講座の続きとなります。2017年は5回を行い、2016年を含めると全7回の専門講座となります。

講座テーマ  「自然科学と考古学 −科学の力で解き明かす古の暮らし− 」

開催日時
2017年5月14日(日) 
「遺物の成分分析から何が分かるのか」
氏家 敏之(公益財団法人徳島県埋蔵文化財センター)

6月18日(日) 
「石器の使用痕から古代の生活を探る」
山田 しょう(株式会社 加速器分析研究所)

9月24日(日) 
「発掘された鉄器の材質からみた製作技術と実用性について」
鈴木 瑞穂(日鉄住金テクノロジー株式会社)

11月12日(日) 
「レプリカ法 −ミクロの世界から食生活をのぞく− 」
中村 豊(徳島大学)

12月3日(日) 
「保存処理 −未来へと文化財を伝える− 」
植地 岳彦(徳島県立博物館)


定  員  60人

時  間  13:30〜15:30 【120分】

会  場  徳島県立埋蔵文化財総合センター 研修室
         〒779-0108徳島県板野郡板野町犬伏字平山86-2

受 講 料  受講料は無料。資料代として1000円必要です。

お問い合わせ
■申込方法   
・原則として、全5回参加予定であること。
・氏名、連絡先住所・電話番号を明記し、事前にハガキ、FAX、メール、センター受付などで申し込み。
・定員を大きく超えた申し込みがあった場合は、先着順。
・2016年の専門講座受講時に2017年講座受講を希望された方は、申し込み不要。

■申し込み締め切り 5月9日(火)まで。

■問い合わせ先 (公財) 徳島県埋蔵文化財センター 普及係 

■申込住所   〒779-0108  徳島県板野郡板野町犬伏字平山86-2
               筺088-672-4545   Fax:088-672-4550

■e-mail   awapac@tokushima-maibun.net

■UTR     http://awakouko.info/

*事前申し込みされていない人も、気になる講座の聴講は可能。その時の講座の受講人数に
よっては、事前申し込みの方を優先いたします。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-04-13 14:56:08 (557 ヒット)
TOP

レキシルとくしまで体験できる「おもしろ古代体験」!
数ある体験の中で、子供から大人に大変人気のある「勾玉づくり」を、特別企画としてゴールデンウィーク期間中に行います。
 
日程
開 催 日:2017年4月30日(日)〜5月7日(日) の8日間
午前10:00〜12:00、午後14:00〜16:00の各2回
 
体験人数:午前・午後で各30名(先着順)。
       
材料費:滑石(白・緑・ピンク・水墨・モザイク)各色100円、コハク1000円

対 象:小学生4年生〜一般 (小学3年生以下の子供は、親と一緒に作成)

*5月1日(月)、5月3日(水)〜5月5日(金)の4日間は、開館します。


ご不明な場合は、088-672-4545までお問い合わせを。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-04-07 20:44:58 (279 ヒット)
TOP

徳島城下町跡の発掘調査から出土した「おもちゃ」を中心に展示しています。また個人所蔵の盤双六や
紙双六(「鉄道競争すごろく」明治25年製)、節句で使われたお弁当箱「遊山箱」等も展示しています。
展示期間中は体験イベントとして「紙メンコ」を作って遊ぶことが出来ます。また4月23日(日)の一日だけですが、
江戸時代の子どもに大人気だった「ドロメンコ」を作る体験も出来ます。
「紙メンコづくり」「ドロメンコづくり」ともに申し込み不要・無料です。

場所:レキシルとくしま(徳島県立埋蔵文化財総合センター) ホール
期間:平成29年4月8日(土)〜5月7日(日)
(月曜・祝日は休館日。5月1日(月)・5月3日(水)〜5月5日(金)の4日間は開館します)
時間:9:30〜17:00
その他:入場無料。

ドロメンコづくり
2017年4月23日(日) 午前・午後の計2回
   午前  9:30〜12:00    午後  13:30〜16:00 
*屋外で製作するため、天候が大雨の場合は中止。少雨は決行します。
 ご不明な場合は、088-672-4545までお問い合わせを。




投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-04-02 13:47:33 (826 ヒット)
TOP

レキシルとくしまでは「みる(展示)」「つくる(古代体験)」「きく(講座)」を三本柱として、4月から多彩なイベントを開催していきます。
詳細な内容や日程が掲載されていないイベントについては、開催時期が近づいてきましたら、チラシやレキシルのHPでお知らせいたします。
またイベントカレンダーは当館はもちろん、県内の図書館や博物館等の諸施設に置かせていただいておりますので、最寄りの場所で手に入れることが出来ます。

館内にある常設展示室は、開所時間内はいつでも無料で見学できます。また事前にご予約いただければ、勾玉づくりや火おこし、銅鐸つくり等の体験ができます。
学校の遠足や子供会・スポーツクラブ・ご家族・仲良しグループなどのお楽しみイベントに、おもしろ古代体験をしてみませんか!日程・時間・内容・人数など、
(公財)徳島県埋蔵文化財センター 普及係(088-672-4545)までお気軽にお問い合わせ下さい。皆様のご来場をお待ちしております。

ご利用案内
開所時間 9:30〜17:00
休所日  月曜日・年末年始・国民の休日(5月3日〜5日、11月3日はのぞく)・臨時休所日
交通   JR:板野駅から徒歩20分
      バス:徳島バス犬伏停留場から徒歩8分
      お車:高松道板野ICから5分。徳島道藍住ICから10分。大型バス駐車可

レキシルとくしま(徳島県立埋蔵文化財総合センター)
〒779-0108 徳島県板野郡板野町犬伏字平山86-2
TEL:088-672-4545  
FAX:088-672-4550  
URL:http://awakouko.info/





投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-03-22 09:54:02 (345 ヒット)
TOP

徳島城下町跡の発掘調査から出土した「おもちゃ」を、展示しています。江戸時代にはいると、古代・中世からの伝統も引き継ぎながら、
新たに庶民中心の文化や遊びが生まれました。「おもちゃ」は、江戸時代では「てあそび」「もちゃそび」といわれ、実は江戸時代に入ってから、
子ども向けにおもちゃが作られるようになります。それまでおもちゃ(遊戯具)は大人を対象とし、子どもは大人がする遊びを真似て
身の回りにある物を使って遊んでいました。
目の前にある江戸時代の子供達が遊んだ「おもちゃ」。遠い昔のようですが、形や材質を変えながらも現在に引き継がれています。

場所:徳島県庁1階 県民ホール
期間:平成29年3月17日(金)〜3月31日(金)。31日は午前中まで。土・日は閉庁。
時間:県庁の開庁時間 8:30〜18:30
その他:観覧無料。お車でお越しの方は県庁駐車場にとめて、駐車券は1階受付にて押印して下さい。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 52 »