大賀ハス(古代ハス)が来週にも咲きそう\(^_^)/

投稿日時 2018-06-08 10:23:31 | カテゴリ: TOP

アワコウコ楽ボランティア倶楽部が育てている大賀ハス(古代ハス)が来週にも咲きそうです。

6/8現在、花が10輪ほど、つぼみができています。来週(この週末かも)にも咲くとおもわれます。
花は早朝に咲き、午後にはいったん閉じてしまいます。そして4日目に散ります。
ただ、今年は連作障害のためか、発芽しないものが多く、ハスの花が見られるのはレアになりそうです。

ハスの花の見頃の時間帯は午前10時前後でしょう。2000年の時を経て開花した大賀ハスの花をお楽しみ下さい。

☆大賀ハスとは1951年(昭和26年)、千葉県千葉市検見川(現・千葉市花見川区朝日ケ丘町)にある東京大学検見川厚生農場(現・東京大学検見川総合運動場)の落合遺跡で発掘された、今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花したハスのこと。このハスの種を発掘し、発芽させた大賀一郎博士の名前がこの古代ハスの名前となりました。



古代のピンク




徳島県立埋蔵文化財総合センター 「レキシル とくしま」オフィシャルサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://awakouko.info

このニュース記事が掲載されているURL:
http://awakouko.info/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=291