2017「古墳時代の鎧をつくろう!」を開催しました 

投稿日時 2017-12-27 14:07:29 | カテゴリ: TOP

企画展「河内政権と阿波−渋野丸山古墳出現とその前後−」の会期中に,関連イベントとして「古墳時代の鎧(よろい)をつくろう」を11月26日(日)に開催しました。
国指定史跡である鳴門市大代古墳から出土した鎧を元にし,本来,鎧は金属で作られていますが,今回の体験では厚紙を使い,子供達が着用できる大きさで作りました。




説明を聞きながら,鎧の部品を所定の位置に置いていきます。




これで,大丈夫かな。




所定の位置に置いた後,両面テープで貼り付けていきます。




完成まで、あと一息!




全てを貼り付けた後,糸を通すところにキリを使って穴をあけていきます。




穴をあけた後は,自分の好きな色の毛糸やビニール紐でかがっていきます。




完成です!




完成した鎧を身につけて,大代古墳出土の石棺の前で記念撮影。
手には,触れる土器として展示している古墳時代の須恵器を持って。




古墳時代の衣装も着用し,竪穴住居の横で記念撮影。
手には須恵器の壺を持って,気持ちは古墳時代へ。




徳島県立埋蔵文化財総合センター 「レキシル とくしま」オフィシャルサイトにて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://awakouko.info

このニュース記事が掲載されているURL:
http://awakouko.info/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=269