2017「第1回 指だけでつくる組紐教室」を開催します

TOP
TOP : 2017「第1回 指だけでつくる組紐教室」を開催します
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-12-27 14:51:57 (680 ヒット)
TOP

日本の伝統的な組紐製作技法とされているのは,丸台や角台などの台と糸を巻き付けた錘(おもり)を用いた「自由端組紐技法(じゆうたんくみひもぎほう)」です。
しかし,これまでの研究から,道具を使わずに指を使った「クテ打ち技法(ループ操作技法)」と呼ばれる技法が解明され,この技法の存在を示す出土品が,
古墳時代までさかのぼることが確認されています。
これまで「おもしろ古代体験」で実施してきた組紐は基本的な組み方であり,皆様に色々な組み方を体験してもらいたく,この催しを開催いたします。

場 所/レキシルとくしま(徳島県立埋蔵文化財総合センター) 研修室
日 程/平成30年1月30日(火)・2月27日(火)・3月13日(火)
時 間/13:30〜15:30
対 象/大学生〜一般
定 員/10名前後(人数が多いときは抽選)
参加費/無料
募 集/ハガキ・FAX・メールか来館申し込み
ハガキ・FAX・メールでお申し込みの方は,「組紐教室」参加希望と明記し,1.体験者のお名前,2.住所,3.電話番号,4.年齢,5.受講希望日を御記入の上,
徳島県埋蔵文化財センター普及係にお申し込みください。

備 考/3回の受講が望ましいですが,希望日だけの受講も可能です。

〒779-0108
徳島県板野郡板野町犬伏字平山86-2
TEL /(088)672−4545  FAX /(088)672−4550
Mail / awapac@tokushima-maibun.net

徳島県埋蔵文化財センター 普及係



印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。